脂質異常症は動脈硬化の原因となる

脂質異常症は、動脈硬化の原因です。具体的になぜ原因となるのか見ていきましょう。

脂質異常症とは?

脂質異常症とは、悪玉LDLや中性脂肪が多く、善玉HDLが少ない状態を指します。その診断基準は、動脈硬化を早期に予防・発見するために設けられました。

動脈硬化とは?

動脈の血管壁がぶ厚くなり、血管が固くなったり、血液が通りにくくなるほど狭くなったりする状態を動脈硬化といいます。その結果、血液の流れが滞り、臓器などの機能に障害が出ることにより、多くの重篤な病気の発端となります。

動脈硬化によって生じる病気を動脈硬化性疾患とよび、硬化が起こた動脈で病名が異なります。

動脈硬化性疾患に含まれる病気:()内は硬化が起きる場所

  • (心臓)狭心症、心筋梗塞
  • (脳)脳梗塞、脳出血
  • (その他)大動脈瘤、腎梗塞、閉塞性動脈硬化症など

脂質異常症と動脈硬化の関係

では、動脈硬化とそれぞれの脂質の関係を見ていきましょう。

LDL(悪玉)との関係

動脈硬化は、血中で増えすぎた余分なLDLコレステロールが、動脈内膜に蓄積することで起こります。このためLDLコレステロール値が高い人は、動脈硬化のリスクがあります。

中性脂肪との関係

中性脂肪が多くなると、通常のLDLより小さなLDLが形成されます。この『小型LDL』は、通常のLDLよりも動脈硬化を進行するといわれ、『超悪玉コレステロール』と呼ばれることがあります。

つまり中性脂肪(トリグリセリド)値が高いことも、『小型LDL』を増やすので、動脈硬化のリスクとなります。また中性脂肪が多いと、善玉であるHDLが少なくなると言われています。

HDL(悪玉)との関係

HDLは細胞内の余分なコレステロールを肝臓に回収する働きがあるので、HDLコレステロール値が低いと、余分なコレステロールを回収できにくくなり、動脈硬化のリスクが高まります。

以上のことと脂質異常症の診断基準を照らし合わせると、脂質異常症と動脈硬化の関係は一目瞭然と言えるでしょう。脂質異常症は、動脈硬化の根本原因なのです。

Posted in 基礎知識

関連記事