脂質異常症ってどんな病気?

以前は高脂血症と呼ばれた「脂質異常症」とはどんな病気なのか、見ていきましょう。

どんな病気?

【出典】脂質異常症ってどんな病気?

脂質異常症とは、血液検査で主にLDLコレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)が基準値以上に増加した状態、あるいはHDLコレステロールが基準値以下に低下した状態です。

生活習慣病の一つであり、自覚症状は例外を除きほとんどありませんが、動脈硬化の原因となる病気です。診断基準は、動脈硬化の早期の予防および発見のために設けられました。

脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

  • 高LDLコレステロール血症:LDLコレステロール(LDL-C)140mg/dL以上
  • 低HDLコレステロール血症:HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dL未満
  • 高トリグリセリド血症:中性脂肪(トリグリセリド/TG)150mg/dL以上

原因と分類

脂質異常症は、体質や遺伝が原因である(原発性)場合と、それ以外の原因で起こる(続発性)場合があります。ここでは続発性の原因をみてみましょう。

続発性脂質異常症の原因

  • 不適切な食事摂取(コレステロールや中性脂肪を増やす)
  • 過剰な飲酒(中性脂肪を増やす)
  • 運動不足(中性脂肪を増やす)
  • 病気(肥満や他の生活習慣病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群など)
  • 薬の副作用など

これらの原因は、ほぼ他の生活習慣病にも当てはまります。

治療

脂質異常症の治療は、まずは食事療法と運動療法、生活改善が基本となります。治療の流れとしては、食事療法・運動療法を数ヶ月行い、それでも十分に症状(検査値)が改善しない場合は、食事療法や運動療法をさらに厳重に行いながら、薬物療法を検討していきます。

脂質異常症の治療

  • 食事療法:減量する、総カロリー・脂肪食・摂取コレステロールを減らす
  • 運動療法:1日30分以上、週180分以上の運動(有酸素運動)を心がける
  • 生活改善:喫煙する、アルコール量を1日25g以下にする
  • 薬物療法:コレステロールや中性脂肪を減らす薬を服用する

脂質異常症の治療は、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの予防と治療のためにも重要です。まずは、日々の生活で出来る事から始めましょう!(詳細は【脂質異常症の治療薬と副作用】をご覧下さい)

Posted in 基礎知識

関連記事