コレステロールを多く含む食品トップ30

コレステロールは動物由来の脂質です。肉や鶏卵、イカなどの魚介類や、それらを原料とした加工品に含まれています。特に内臓や卵には多く含まれているため、摂り過ぎに注意しましょう。

また食事から摂取するコレステロールの適量は、1日300mgと言われています。下記のコレステロールを多く含む食品を参考に、上手に摂取しましょう。

コレステロールを多く含む食品トップ30(100g当り/mg)

【出典】コレステロールの多い食品と、食品のコレステロールの含有量一覧表

  • 干するめ 980
  • ほたるいか 930
  • からすみ 860
  • 干かたくちいわし 720
  • たたみいわし 710
  • 干さくらえび 700
  • ピータン 680
  • フォアグラ 650
  • あん肝 560
  • 烏骨鶏卵 550
  • 干いかなご 510
  • すじこ 510
  • 干しえび 510
  • キャビア 500
  • うずら卵 490
  • うなぎ 480
  • イクラ 480
  • スモークレバー 480
  • わかさぎ 450
  • うなぎの肝 430
  • いか味付け缶詰 420
  • 鶏卵 420
  • すけとうだら 410
  • あわび 390
  • しらす干し 390
  • 豚腎臓 370
  • 鶏レバー 370
  • 数の子 370
  • 子持ちししゃも 370
  • きびなご 370

1回の食事量ではなく、食品100g当りであることに注意して下さい。カテゴリー別に見ていくと、

  • 魚介類(イカ・タコ・エビ類や魚の干物など)
  • 内臓(フォアグラ、あん肝、豚スモークレバー、うなぎの肝など)
  • 卵類(からすみ、ピータン、烏骨鶏卵、すじこ、うずらの卵、いくら、数の子など)

が目につきます。

コレステロール含有量が多い食材について、このようにざっくりと感覚を掴んでおくと、食品を選ぶ時に役立ちます。

意外にも、乳製品(バターや生クリーム、チーズなど)や油脂類(牛脂、ラードなど)がランクインしていません。これらは、単品でのコレステロール含有量は200mg/100g以下なのです。

しかし、シュークリームやケーキのように、鶏卵や乳製品が複数使われる食品では、含有量が多くなります。お菓子は鶏卵や乳製品、油脂を豊富に含むため、食べるのはほどほどにしましょう。

また、脂質異常症の中でも、高トリグリセリド血症の方は、中性脂肪の摂り過ぎに注意しましょう。中性脂肪は、とにかく摂取カロリー全体を下げることが大切です。

脂質の摂り過ぎはもちろんのこと、糖質の摂り過ぎも身体に中性脂肪を蓄積させる大きな問題です。揚げ物などの高脂肪食と、ご飯やパンなどの主食を制限しましょう。

Posted in 改善対策

関連記事