脂質異常症の治療薬と副作用

脂質異常症を治療することは、動脈硬化の進行を防ぎます。ではまず、治療法の流れからみていきましょう。

脂質異常症の治療の流れ

【出典】脂質異常症の治療法

脂質異常症が発見された場合、多くはまず食事療法、運動療法を3~6ヶ月行いながら経過観察します。それでも十分に症状(検査値)が改善しない場合は、食事や運動療法と並行して、薬物療法を検討します。

使用される治療薬

治療薬には、大きく分けてコレステロールを下げるのと、中性脂肪を下げる二つのタイプがあります。肝臓での脂質生合成を阻害したり、胆汁酸の排泄を促進したりして血中の脂質を減らします。

主にLDLコレステロール値を下げる薬

  • HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン):肝臓でのコレステロール合成阻害
  • 陰イオン交換樹脂:胆汁酸の排泄促進
  • プロブコール:コレステロール異化促進
  • 小腸コレステロールトランスポーター阻害薬(エゼチミブ):小腸でのコレステロールの吸収を阻害など

主に中性脂肪を下げる薬

  • フィブラート製剤:肝臓の中性脂肪(トリグリセリド)生合成を阻害
  • ニコチン酸誘導体:胆汁酸の排泄促進
  • イコサペント酸エチル(EPA):肝臓の中性脂肪(トリグリセリド)生合成を阻害

低HDLコレステロール血症の治療薬

HDLを直接増加させるような薬は現在ありません。運動や適度な飲酒でHDLは増やせます。食事や運動、禁煙などの生活改善をし、効果が見られなければ薬物治療に入ります。

脂質異常症治療薬の副作用

ではこれらの薬で起こりやすい副作用をみていきましょう。

  • 横紋筋融解症・ミオパシー:スタチン系・フィブラート系薬剤に多い副作用。筋力が低下し、筋肉痛や脱力などが生じます。薬の中止が検討されます。
  • 肝機能障害:肝臓に作用する薬剤に多い。自覚症状が少なく、経過観察が必要です。ひどい場合は薬を中止します。
  • 不整脈:プロブコールという薬では、まれに不整脈が出ます。薬の変更等が検討されます。
  • 消化器症状:薬全般で起こりやすい。便秘・下痢などの症状です。

また、他剤併用に問題がある薬もあります。

Posted in 改善対策

関連記事